霊能力開花への道

守護霊様が全て正しいとは限らない

ワークショップを開いてまで

これは伝えないと!!!!

と思ったこと。
それが、「内なる声を聞くこと」の大切さでした。

 

今までは、私も私でけっこう
受動的だったんです。

  • 霊視ができる。
  • 見えない存在からのメッセージを媒介できる。
  • 霊視鑑定でアドバイスを伝えられる。

出来るようになったから、流れでやっている

という感じで。

 

 

もちろん、誠心誠意お伝えしてますし
私の使命・役割であると思ってやってきています。

けど、「これは伝えないと!!」というような
在る種の使命感のようなものが
ここまで自分の中から湧き出てきたのは
今回が初めてなんです。

(だから人前で話すのが苦手でも人を集めるのが怖くても、やる!と決めてWSの開催が出来た)

 

霊視鑑定を受けたことがある方なら、

守護霊様からのメッセージって
本当に的確だし素晴らしいものだし、
いつも見てくださってるんだな〜
ありがたいな〜

と、感じていらっしゃる方は
私も含め、とっっっても
多いと思います。

しかし霊媒師を通して伝えられる
見えない存在からのメッセージというのは、
あくまでも『その霊媒師』という一人の人間を
媒介して伝えられている、

自分の外側での出来事

でもあるんです。

誤解を恐れずに言えば、
霊視鑑定だけ受けてる状態って

受け身なんです。
自分で得た答えじゃないんです。
大別したら「人から言われたこと」に従ってるんです。

 

あと大前提として

霊媒師との相性によって
メッセージの内容は変わってくるし、
霊媒師の調子によっても確度は変わります!
(そもそも霊視が出来ないこともある)

そうならないように平常心でいること、ペースを乱さないことがプロの霊媒師のやること。

 

 

長年、霊視鑑定や霊能力開花の
指導をしている人から
メッセージをいただいたり
指導を受けたりしていると、だんだん

 

その霊媒師から伝えられる言葉は
その人の人生や人格や調子や
日々の出来事や趣味などの

影響をほとんど受けていない完璧なもの

 

という風にバイアスがかかってくると思うんです。

 

 

 

けど、多分そこは完璧じゃないんです。
やっぱりフィルターはかかってると思うんです。

なぜかというと、お互い、人間だから。

 

 

そこを感じ取ってから、私は疑ったんです。

 

 

 

 

徹底的に疑った。
今までのやりかたを疑った。
今の在り方を疑った。

 

 

 

もっと楽に、明るく、みんなお互いに
ハッピーで居られるような真理があるんじゃないのか?

と、ずっと疑った。

その結果、運命のハワイから戻ってちょうど1年
経った頃には
「自分のことを自分で視る重要性」
フォーカスするようになってきた。

一人一人が
内なる声=神がかった自分、魂の声
に気付いていくこと。

そこを伸ばしていくことが
霊的成長そのものじゃないのか?と。

 

守護霊様も自分も、本来対等なんです。
スピリチュアルを教えてくれる人とも、対等なんです。
守護霊様や指導者が全て正しいとは限らないんです。

 

 

本当の正解ってなんだろう?

って考えた時、今までの私は
「守護霊様のおっしゃることが全て」
という考え方をしていたと思います。

なぜなら、

自分の考えることはほとんど間違ってる

という教えも受けてきたからです。

けど
自分の内なる声と自分の考えることは、別物。

だから内なる声(=魂の声)の方に関しては
間違ってる、なんてことはないんです。

例えばもし
『守護霊様がこう言ってるんで』と
霊媒から言われたとしても

自分の魂の声が「NO!!」って叫んでいることに
気づくことができたら。
その声をキャッチ出来たら。

絶対、そっちが正解です。

 

なぜかというと、
その守護霊様の言葉は、
霊媒師というフィルターを
通して伝えられる外側のもの
だからです。

けど
自分の魂の声は、
自分の内側という宇宙から届くもの。

 

常に自分の内なる源泉とつながり
魂の声をキャッチしながら
人生を送っていくためには、

結局、霊能力開花の講座と
同じようことの練習が必要に
なってはくるんだけど、

けど

「霊視鑑定が出来るようになろう」

とする以前に、

すべての人が今よりもっと
自分で守護霊様からも
自分の内なる声からもメッセージを
キャッチできるようになったほうが、いい。

 

本来の自分の魂目線を知って、
その目線で生きられるようになったほうが
誰にも侵されない最上の喜びと幸せの中
生きていけます。

 

守護霊様やご先祖様と交流して
霊視鑑定が出来るようになりたいなら、

まず先に自分の魂の声をちゃんと
聞けるように整えていくこと。

 

守護霊様方と交流が出来るようになれば、
自分の魂の声も勝手に聞けるようになって
人生もどんどん良くなる!

って思っていたけど

その考え方だけでは守護霊様や
守護霊様からのメッセージを伝えてくれる
人に対して依存してる部分がありました。

けどそうじゃない、私達は対等なんだ。

 

このブログを読んでくださってる方、
いつも鑑定を受けてくださってる方、
霊媒師になりたいと思ってる方とは、
お互い対等に霊的な成長をしていきたいので
これからも自分の失敗談を全部糧にして(笑)
気付いてきたこと、やってることを出していきますね。

ちなみに、ここはスピリチュアルブログですが、
超能力戦争とか古代レムリア?とか
そういう系の発信は、しません^^;


今日の内容って、霊視鑑定してる人に対して
ケンカ売ってるようにみえてしまうかもしれないけど
そういうつもりじゃないのよ!!

こんなこと言っておきながら、私も
守護霊様と二人三脚で今も霊視鑑定してますし。

ただ盲信は気をつけてってこと。

すごい人だ!って思うより、
自分でそれが出来るようになっていこう。

きっとだいじょうぶ、出来るようになるから。

というわけで、今日もありがとうございました。

ABOUT ME
tacoyaki
<地に足のついたスピリチュアル> たこやきちゃんは、シルバーバーチ霊が説く事を世の中には広めていくことが自分の使命だと思っています。そして!シルバーバーチの仰っていることはとっても抽象的で難しいんです! なので、その抽象度を少し落としたり、想像力を刺激してスピリチュアルを身近な教養にしていけるよう超訳してみなさまにお届け出来るようにしています^^ プロジェクト・マネジャーの仕事をしつつ、霊媒師として生きる数奇な人生。