魂を輝かせる

ペットの死後の世界〜別れてもあの世でまた再会できる?

大切なペットの死

私も大切なペットを亡くしたことがあります。

16歳の時に我が家にやってきた愛犬は、14年間、
いつも私達家族に天真爛漫にありのままのかわいらしさを振る舞ってきてくれました。

ほんと無邪気で、私達家族みんなを対等に愛してくれた魂だったと思います

あの子の晩年は、自分の体が思うように
動かなくなることに不思議さを覚えているようでした。

なぜなら、魂は死なないと最初から知っていたからです。自然の摂理そのものだから。

 

魂(つまり自分自身)は死んだり消えたり
しないと知っている

生きようとしかしていないのに反して、肉体は生命活動を止めようとしているのが不思議なのです。

たくさんお散歩したり、大好きな人たちと
遊びたいのに、思うように体が動かない。

そして何より、体の不調が
日に日に増して痛いし、苦しい。

そういう想いと現実の差に戸惑いながら
「いたいなぁ、くるしいなぁ、でももっとあそびたいなぁ」
と最後まで感じることに素直に過ごしていました。

 

なぜそんなことが私にわかるのかというと、
愛犬が霊界(正確には動物界)に行った後に、
それを教えてもらったから。

 

肉体の老いと痛みは不安と恐怖を生み出します。

けれど、肉体に支配されているのが魂ではありません。

魂が肉体を支配しています。

それが自然の法則であり真理です。

私達人間よりも、言葉の無い動物たちの方が、
その事についての理解は早いし実践しています。

 

亡くなったペットは、死後どこにいくのか?

飼い主よりも先にペットが亡くなってしまった場合

人は仕事、まず幽玄界に行き、次に幽界へ行きます。最後には霊界に行きますが、動物は人霊と同じように同じ世界には行きません。

動物たちだけの世界である「動物界」があるからです。自然界の野生の動物も殺処分という理不尽扱いを受けた動物も愛されたペットも、基本的には動物界が受け入れ先にあるのです。

ペットたちはあの世でも幸せに暮らしている

飼い主から離れた場合迷子になってしまったり
不安になってしまわぬように、あの世には
動物専門の人霊が、大切な
愛犬たちと一緒に過ごしてくれています。

このお世話役の霊達は、地上世界で生きていたころに、
動物の専門家として仕事をしていた人がいるのは
もちろんのこと、

その他には動物が大好きな人
生前は一緒に過ごしたいと思っていたけれど、
様々な理由でそれが出来なかった
(ペットを飼えなかった)人たちでもあります。

みんな、大きな愛で奉仕したくてそこにいます。

彼らは動物界で、その世界に旅立った
ペット達をめいっぱい可愛がりながら、
一緒に過ごして愛情を注いでくれているのです。

 

旅立った命を安心させるための飼い主の心構え

愛するペットが死んでしまうと、
飼い主は本当に心に痛手を負いますよね。

辛くて悲しくて、そして笑顔
(犬猫などに表情はないのですが、思い出すと「ああ、笑っているなぁ」「よろこんでたなぁ」って感じること)
を思い出すと

心から、

  • 『一緒にいてくれてありがとう』
  • 『出逢ってくれてありがとう』
  • 『たくさん幸せにしてくれてありがとう』
  • 『あの子にもっとしてあげられることはなかったかな?』

なんて思うことでしょう。

ペットにかぎらず、命(霊)に対しては
すべて、そうやって死んでいった人たちやペットの
ことを思い出してあげることが、
旅立った者にとって一番嬉しいことなのです。

間違っても、自分を追い詰めて
いつまでも嘆き悲しんではいけないのです。

ちゃんとあの世には行けただろうか?とか余計な心配もしないことです。

信じて送り出す。

信じて今でも愛する

気を引くような言動を慎む。

それが、旅立ったものへ対する最高の弔いです。

この世を去った魂を引き止めても、
誰にも何の前進も得られませんし、成仏できません(悲しいけれど)。

ペットは死後も飼い主に会いに来る?

動物界にいるペット達飼い主への愛や絆の深さ次第では、死後も存在をいつも感じ続けてくれています。

たまに、居ないはずなのに気配を感じたり、
音が聞こえたような気がする時はありませんか?

それは気のせいなんかじゃなく、本当に
ペットが飼い主のもとに帰ってきている場合があるのです。

物理的にではなく、想念的に。

そして飼い主とペットの間に、愛と絆が結ばれていれば、彼らは死後の世界での再開を待ってくれています

飼い主が亡くなり、霊界に旅立った時に、
また必ず再開することが出来るんですよ。

 

人間と動物の死後の世界は違う

ペットが亡くなった後に飼い主幽すれば
そこで再会できると述べました。

ですが最初に書いた通り、人間と動物の死後の世界は、同じではありません。
動物は動物霊界。人は人の霊界があるのです。

しかし、飼い主である人間との密接な
魂の交わりがあれば、共に過ごすことができるようになっています。

生前どれだけかわいがっていたか、
愛情を注いでいたかで、あの世で再会できるか
どうかが決まるということです。

ただ、しかし、それも、実は永遠ではありません。

動物の霊は人の霊より未熟

動物の魂は、人間のものに比べれば、
まだまだ成長や進化の足りない状態であるのです。
(動物から学ぶことはたくさんありますが)

霊界に行ってからのわたしたち人の魂の進化には、
動物の霊はやがては追いつけなくなります。

そうなるとどうしても、ずっと一緒に過ごすことは
出来なくなってきてしまいます。

人の魂は、より高みを目指して砕けたり融合したりと
成長や進化をし続け

動物は動物の類魂の中でそれが行われます
そこでそれぞれの成長・進化があるの。

動物の類魂が目指すのは、人間として地上界に誕生することです。

 そこで、言葉を使い四肢を使い、感動と経験を積み重ねる事が動物霊達の目標です。

魂は不滅、という言葉があるとおり、
犬も猫も人間も、この現世全てではない
ということを知り、理解すると、

ペットを失ったあとでも、大切な人を失った後でも、それぞれの悲しみの色に
きっと変化がおきてくることでしょう。

本当は「失われた」のではない、先に帰っただけなのですから。

飼い主の死後にペットも亡くなった場合

 飼い主(やその家族)と同時に・またはその後にペットも亡くなった場合

霊界にいる飼い主やその家族のもとで、
ペットも一緒に過ごすことができます。

どれくらいの期間一緒に過ごせるかは、
飼い主とペットの絆によって
異なるようです。

もうそればっかりは、今聞かれても人それぞれ違ってわかんないので

死んでからのお楽しみにしておいてください。

あの世に行ったペットはどのような姿形をしているか

これは人間界での飼い主との愛や絆によって少し変化が出てくるようです。

一緒に過ごしたときのままで
いるかどうかは、飼い主からの愛ひとつにかかっています。

といことは・・・

あなたにとって大切なペットならば、
再会した時にはまた懐かしい姿を見せてくれる違いないので、

どうか、安心してください。


亡くなったペットは目に見えなくても、声が聴けなくても心はいつもそばにいます。

お互いが愛を感じあっていることを信じてください。

自然界にいる野生動物は死後どうなるか

自然界にいる(飼い主の存在しない)野生動物は、
「動物界」で、そこを管理している
(霊)のもとで暮らすことになりますが、いわゆる霊界の自由度MAX美しさMAXなサファリパークみたいなもので、飼い慣らされたり自然を奪われるようなことはなくのびのび楽しんで過ごします。

ペットのほとんどが犬や猫である理由

犬や猫など、ペットとして代表的なこの種族は、
なぜ人から愛されるのかというと、それは家族愛があるから。

魂的にみた家族愛とは?

犬や猫などは

  • 人の霊を目指している動物の魂
  • 人の霊に一番近い動物の種族

だそうです。

しかし動物の個々ではまだ
人霊としての個性が発揮されるほど進化していません。

彼らは人の霊になる(=地上で人として転生する)ことを
目指している霊達なのです。
※ペット達に個性がない、という意味ではありません

動物界の中の類魂では、人の霊になるまでに
一番近いところまで霊格が高く成長しているのが犬。

猫はその次になります。

ということは、

私たちは誰もがかつて犬や猫はなどの霊だった頃もあるという事。

大きな視点でいえば、私たち人間は先に人として生まれてきただけ。ペットとなる動物達は魂の弟や妹、子どもといった具合で、家族愛は芽生えやすいんです。

 

犬や猫は、後少しで人の霊進化できる近親者

人は、魂の進化に懸命で、あと少し!
というところまで成長してきた犬や猫の魂に
対して「早く成長できますように」という、
気持ちを感じやすいのです。

もちろん、無自覚で。

そういう意味からくる魂の家族愛ゆえに、
人は、身近にペットとして犬や猫と共に
過ごしたいという欲求を持つのだそうです。

ペットを飼いたいと人は何故思うのか。

その理由には、実はこんなスピリチュアル的な背景もあったのです。

霊という実体があるからこそ慈愛が生まれる

精神論とか心理学もありますが、
精神とは霊が肉体を使って実体(つまり霊)を
表現しようと利用する部分のことです。

いわゆる、コックピットみたいな。

ですので、高名な心理学者や精神学者が
動物に対する愛や可愛がるという気持ち・欲求を
科学的に検証して説明をすることもあるかもしれません。

しかしそれもすべては、霊という実体があるからこその事なのです。

私達人間は、全く同じ人間同士でありながらも、
優劣をつけたり支配する側・される側に
わかれてしまいます。

生まれた境遇、国、身体、その全てに
「恵まれている」「恵まれていない」
のジャッジがつけられがちです。

しかし、『命ある存在』の中では、
頂点に達した魂だから私もあなたもあの人も、
みんな人間として生まれて来たわけです。

そもそも論から言えば、どれほど短い命だったとしても、
様々な疾患があったとしても、人として生まれてきた
というその事実こそ、もう既に長い長いストーリーがあり、
きちんと意味があるということですね

まとめ

  1. ペットの死後の世界はある
  2. 人と動物の逝く「あの世」は基本別々
  3. 亡くなったペットはたまに私達の所を訪れに来ている
  4. 大切なペットにまた会うことはできる
  5. いつか訪れる永遠の別れは、意味を理解できれば永遠に一緒

 

検索で1番多くの方々に最初にお越しいただけているのが、このページのようです。

ペットが生前どう思っていたのか?などを知りたい!という方は、

ペットの霊視が得意な方や、専門にやってる方のところでみてもらったほうが良いですよ〜

というわけで、この記事はおしまい。


https://tacoyakispiritual.com/schedule/

ABOUT ME
tacoyaki
霊視はただのレントゲン。 最も大切なことは人間力。 霊能力者は特別な人じゃないよ。 ☆☆☆霊視鑑定は毎週日曜日に行っています☆☆☆