本から学ぶ

この人生で本当に幸せで在りたいのであれば、第3の目を開くのだ

人生はすべて比較対象の中で展開しております。

光も闇もともに神を理解するうえでの大切な要素です。

もし光と闇とが存在しなければ、
光は光でなくなり闇は闇でなくなります。

つまり光があるから闇があり、
闇があるから光があるのです。

同じく昼と夜がなければ
昼は昼でなくなり夜は夜でなくなります。

愛と憎しみがなければ
愛は愛でなくなり憎しみが憎しみでなくなります。

その違いが分かるのは相対的だからです。

しかし実は両者は一本の棒の両端にすぎないのです。
元は一つなのです。
しかしその一つを理解するには
両端を見なければならないのです。

それが人生です。

光と闇の両方がなければなりません。

暖かさと寒さの両方がなければなりません。

喜びと悲しみの両方がなければなりません。

自我を悟るにはこうしたさまざまな経験が必要です。

(シルバーバーチ1巻P.72より)

すべて喜びなんですよ、
喜怒哀楽ぜんぶ。

痛みも悲しみも苦しみも怒りも、
私達にとって「嫌」って思うことも

快感も嬉しさも楽しさも安らぎといった
私達にとって「好き」って思うことも、

本当はぜんぶ1つなんです。

けど物質主義社会である現界では
1つの丸・球体だったものが、

ぎゅーーーっと引き伸ばされて、
一本の棒になり相対的になっています。

光があれば影があるように、
生があれば死があるように。

そしてその相対的な存在の中に、
物質的価値観で「良い」「悪い」という
評価を知らず識らずにつけてしまうんです。

光は良い、闇は悪い。

生きることは良い、死ぬことは悪い。

お金持ちは良い、貧乏は悪い。

というふうに。

 

霊の目を持たないと、
霊的真理を知らないと、
そういう一本の棒の上を行ったり来たりする
二極化した世界で生きる自分
になってしまう。

本当は、棒じゃなくてまるっと1つだった。
だからどっちにも良い悪いはなく
どちらも対等なんです。

 

もともとは1つだったけど、
物質社会である現界では
1つの丸が棒となり、両端ができました。

二極の世界というと、棒磁石みたいに
N極とS極みたいな2つのポイントが
存在するように感じるかもしれませんが、
実際は1つ球体が物質界で1本の棒となった時点で
3つ目のポイントが存在するんです。

それが、魂という観測者の視点。

しかし実は両者は一本の棒の両端にすぎないのです。
元は一つなのです。
しかしその一つを理解するには
両端を見なければならないのです。

とシルバーバーチが言っている
一番最後の部分のこと。

その1つを理解するには
両端を見なければならない!!

つまり、
棒の上を行ったり来たりする自分でいる限り、
神・真理・宇宙って理解することが出来ないんです。

そうではなく、
二極がある一本の棒を常に
見ている自分で在れ!!

ということ。

二極化世界に生きながら、

両端をみつめる

【第三の目】を

開くのだ〜!

サンジヤンウンカラみたいな事じゃなくてね♡笑

暖かさと寒さの二極をみて、
どっちが良い!悪い!と決めるんじゃない。

貧乏と金持ちを見て良い悪いを判断しない。

どっちも対等に見るんです。

その上で、自分の好みをハッキリと
自覚すればいい。以上!
聞かれてないけど、わたしは寒いのが好き♡♡♡

 

私は以前タイで、路上生活をしている
女性と小さな子どもの姿を見かけた事があります。

歩道橋の下でダンボールを敷いて座っていて
(夜だった)
子どもは無邪気な笑顔で遊んでいて
お母さんはとっても優しい笑顔で子どもを
見ていて、不思議と悲壮感とかはなかった。

その人達が幸せか不幸かなんて
私の決めることでも知るところでもないけど、
我が子を抱きしめる愛しさや
母に愛される喜び、みたいなものは
きっとあの親子達の中にあるんだろうなと
勝手に感じた。

路上生活を強いられるほど貧困だとしても、
彼女たちはその生活の中でしか得られない
経験と感動があるのには間違いないと思う。

お金があるから得られる経験もあれば
お金がないから得られる経験もある。

そんなふうに
どちらも対等で、幸せかどうかは本人次第なんだ。

もともと全て1つだった頃は、良いも悪いもなかった。
そして今の私達はわざわざ二極化した現界という
世界を選んで生まれてきた。

それはやっぱり二極化した中でしか
味わえないのが感情だからであって、
良い感情・悪い感情は本当はなく
全部が今だからこそ経験できる「喜び」でしかないのだ。

 


前回のブログにも書いたけど、
2021年11月〜12月くらいで
シルバーバーチなどの書籍を用いた読書会を
開催しようと思っています♡

今回みたいに、例えばシルバーバーチが
本の中で言っていることを私なりに翻訳すると
こうなるよっていうことをお話ししたり、

みんなで何か課題図書を読んでその感想を
語り合ったりするフランクで楽しいけれども
がっつりとスピリチュアリズムについても学べるような
時間をつくれたりいいな〜♡

WEBでの開催方法はどうしたらいいのか
思いつかないので、いったんリアル企画になると思いますが
誰かが助けてくれたらWEBでも出来るかも。笑←他力本願w

募集は公式LINEなどからご案内しようかな。
※このブログからも案内はしますが

興味ある方は楽しみにしててね。

 

ABOUT ME
Kie(tacoyakichan)
霊感強い憑依体質→霊能力開花して霊媒体質に叩き上げた人。 とはいえ、霊視はただのレントゲン。 スピリチュアリズムを学ぶことのほうが、霊能力より大切だと思っています。