識るべきスピリチュアリズム

神の声を聴くということは、どういうことか

神社の神様や、
大天使(ミカエルとか)は
厳密に言えば
「高級自然霊」と言う存在です★

そのレベルの高級自然霊は
神界に存在しているため、
神様や大天使などがわざわざ
人間界に降りて
きて
その人に御神託をくだす
と言う事は通常あり得ない事なんです。

抽象度を下げて例えると
天皇陛下が自分の家にわざわざやってきて、
「あなたは◯◯してください」
って伝えにくるなんてこと普通あり得ないよね?てこと

ただし!

自分自身が、
魂目線、源からの目線で
生きられるようになると
自分の中から
『神の声』は聴こえてきます♡

「地上には神や大天使は降りない
と言ってるのに、一体どういうこと・・・?」

と思うかもしれませんが、
理由は至ってシンプル♡

神が直接降りるのではなく、
自分の守護霊が高級霊の声を

仲介して伝えてくださり、
それをキャッチできるようになる!

ということです。
ちなみに守護霊も地上からみれば高級霊

そんな守護霊も
元々は自分と同じ源(類魂)出身。
つまり自分自身とも言えるので、
大きな視野でみれば

神の声が聴こえる
=守護霊の声が聴こえる
=内なる自分の声が聴こえる

ともとれるのです(^ν^)

 

ナイチンゲールは、ある時ふいに
「神の声を聴いた」と言い残しており、
その声に従い生きたことが医療業界への
偉大な貢献となりました。

けどここでいうナイチンゲールの聴いた声も
厳密にいえば
直接神の声を聴いたのではなく、
守護霊ガイドからの声を聴いた
ということなんです。

「わたしは直接神様とやりとり出来る」
「大天使ミカエルにこの値段でやるよう言われた」
「天照大神が私の守護神です」

なんておっしゃる方もいますが、
高級霊になるほど
自らが何者であるか名乗りませんし
指示もしてきません★

逆に、低級霊は
自分を◯◯の神だ天使だと名乗ります。
人間界の物質的価値観を満たすような
抽象度の低いアドバイスなど
具体的なことも指示したりします(^◇^;)

 

低級霊ではなく、高級霊ときちんと
繋がりたいのなら、
外側に追い求めるようにして
神様とか天使の声を聴こうとするより、
まず内なる声に耳を傾けられる自分であろう♡
と私は思っています。

そしてそのためには、
抽象的なメッセージを
キャッチして、点と点をつなげて
翻訳・解釈し、自分の言葉で表現する力
を身につけていかないといけない。

  • 自分が感じたことを無視しないこと
  • 言語化するための知識と知恵を養うこと
  • 経験を積み重ね、感動(喜怒哀楽)を味わうこと

つまり、

理性(男性性)と
感情(女性性)を
それぞれバランス良く使って
生きること。

神の声を聴く事とは、
選ばれしものだけに与えられた能力ではなく
みんなが既に持っている力だってこと、
ぜひ覚えておいてくださいね〜♡

ABOUT ME
Kie(tacoyakichan)
霊感強い憑依体質→霊能力開花して霊媒体質に叩き上げた人。 とはいえ、霊視はただのレントゲン。 スピリチュアリズムを学ぶことのほうが、霊能力より大切だと思っています。