スピリチュアルのコツ

年々出来なくなってきたこと

最近はほんと、心霊系の番組や映画がみれません。

昔はめっちゃ好きだったんですが、
今はもう色々影響を受けすぎてしまって
その場にいられません(TT)

ホラーゲームの「バイオハザード」も、
やるはやるんですが、

無音にしたり
一定時間画面をみないようにして
描写を直接見聞きしないで
プレイするようになっています(;^ω^)
やる意味あるのかって感じですが・・・w

 

あとは、爆音での超激烈ロックな音楽とかも
聴けなくなりつつあります。

昔、美輪明宏さんがロックかパンクのことを、確か

『耳からウンコ聴くみたい』

と表現なさってたことが
あった気がしますが、

当時は
「え〜〜?なにそれ??」って
思ってましたが、
今だとなんか、わかる気がする。

 

でもロックやパンクな音のなかに
クラシックな要素(ピアノ弦楽器管弦楽など)が
入ってくると、途端に魂がしびれてくる(笑)

(これは単に好みだろうか・・)


▲これとか、ほんとたまらないですね!笑

コンサートも行きましたが、
バンドと管弦楽、コーラスの調和がたまらないです。
とにもかくにもRevoさんの作る楽曲全般全て好きでありまして・・・!!

と、話がずれてしまった。

 

 

まぁ、とりあえず年々
心霊・ホラー系が無理になってきたのと
爆裂なパンク・ロック系音楽が聴けなくなってきたんですよね。

 

昔、この道に入ったばかりのころに
「ホラーとかみれなくなるよ」
「バイオハザードとかもプレイできなくなるよ」
と言われて、

 

やだ!!!!

ぜったいそんなふうになんかならない!!!!

 

 

って思ってたんですが、
そんなふうになりました(;^ω^)

 

あと、ここ1年でまた更にすーーーーーーーごく感じること。

前は出来てて出来なくなってきたこと。

 

それは、

 

 

古本

 

 

を読むことです。。。

 

 

 

 

アマゾンなどでも、よくマーケットプレイスで
中古本を買って読んでいますが、

この頃、ちょっとそれが
うまく受け取れなくなってきました。
(全部が全部じゃないよ)

 

というより、

気づいてしまって手に取れない

といえばいいのかな。

 

 

漫画本とかは特に問題ないのですが、
スピリチュアリズムを学びたくて
手に取る本って、

けっこう強い念が
こもっているんです。。。。

 

 

特に、ホントの意味でスピリチュアリズムを
語る本。

 

シルバーバーチのように、
霊的真理を語る真面目な感じの本。

人生についての本。

死生観について語る本。

 

そういう本を手にした時に、

 

 

 

 

 

あ、病気の方が亡くなる直前まで読んでた本だこれ・・・

 

 

 

 

って視えて(感じて)しまうものがあったのです。

 

逆に、前の持ち主さんがめちゃくちゃ
ラッキーな人で、その本が届いて
けっこうこっちもラッキー♪ってなる場合も
あったりするのですが、

 

まぁどんな本かもわからないので
ネットで古本買うって、ほとんど
博打みたいなもんですよね(;^ω^)

 

 

なので、選ぶ本にもよりますけど
真面目な本ほど新しいものを買ったほうが
良いな、と今は思っています。

 

 

高くつくかもしれないけど、
念や憑依から身を守れるなら
買ってでもしたほうが良いと思う。

 

 

残念ながら、新潮社さんから出版されていた
一番最高な「シルバーバーチの霊訓」は
絶版になってしまったので、

もう新品を探すほうが大変だと思いますので
やむを得ない場合もあるとは思うのですが・・・

またはオンデマンドの自炊本で手を打つかですね

 

けどまぁたとえ古本でも
浄化方法を知ってて、
それを自分で出来たらいいですね(^^)

 

自分の出している波動が
自分のもとに返ってくるのが
1つの法則なので、

波動が高ければ中古でもなんでも
変なものには当たらないのでは?
ともおもうかもしれませんが

人にはやっぱり「波」がありますから
ずっと良い時期ではないんですよね。

ちょっとしたスキを突いてきますから
注意と知識はやっぱりあるに越したことは
ないのです。

ABOUT ME
tacoyaki
<地に足のついたスピリチュアル> たこやきちゃんは、シルバーバーチ霊が説く事を世の中には広めていくことが自分の使命だと思っています。そして!シルバーバーチの仰っていることはとっても抽象的で難しいんです! なので、その抽象度を少し落としたり、想像力を刺激してスピリチュアルを身近な教養にしていけるよう超訳してみなさまにお届け出来るようにしています^^ プロジェクト・マネジャーの仕事をしつつ、霊媒師として生きる数奇な人生。