子育て、恋愛、人間関係に悩むなら

 

あなたはあなたの人生を生きることしかできません。

どれだけ愛しくても、自分以外の人の代わりにはなれないのです。

一人一人、自分の行為に自分で責任を取って生きなければなりません。

例え我が子であっても、人様の行為の結果を代わることはできないのです。

子を育てるとは、本当に様々な葛藤や苦難もあることでしょう。

しかし、生まれ落ちて一人で生きることは出来ない小さな体であっても、彼らには彼らの人生があり、それぞれが個々で責任をとりながら行動をしていくのが霊的摂理です。

子どもの責任を自分の責任として抱え込み、心を乱すのは、愛ではなく我が強いからです。一人では生きていけない赤ちゃんや子どもを『自立』に導くこと、その中で人生の先を歩んでいる本人も学び続けて行くことです。

全てを知っているかのように勘違いをしてはいけません。因果律に従い、自然に逆らわずに過ごすことは、不安や恐怖、迷いを寄せ付けません。

心もとない存在であっても、信頼をすることです。そして、あなたはあなたの道を進むこと。

他人様のことで悩んでばかりいても、あなたは自分の人生の責任しか負えません。

空を見上げましょう。

f:id:pearlmoon-horizon:20170602103854j:image

 

Related Entry

香りを味方につける