大した事をしていないのに、疲れて仕方がない時は?

おはこんばんにちは!たこやきちゃんです。

すっかり春も極まり、ぼちぼち初夏ともいえる時期ですね。昨日とか30℃超えた地域もあったそうで。

さ、おもむろに始める本日のブログは【エネルギー】についてのお話しです。

皆様、エネルギーってあればあるほど良いものだと思いませんか?

特に、いつも元気でエネルギッシュな状態の人を見ていると( ˊᵕˋ ;)ある程良いなって思っちゃいますよね。

たこやきちゃんはどちらかというとヘタレなんです。どちらかというと?いえ、自他ともに認めるヘタレです!!

例えばいつも手帳が真っ黒な人とか、常に予定だらけで遊べる見通しが立たない友人なんかを見ると

『なんて相容れない存在なのだろう…』

と思っていたくらいです。(ごめんw)

まず知っておくべきことですが、人にはそれぞれ、持ち前のエネルギーの上限があります。生まれつきみんな個体差があるのです。肉体的な差もあれば魂的な差もあるわけです。

わかりやすいのはショートスリーパーな人としっかり寝ないとダメ!っていう人の違いとかですね。

ただ、みんな「燃えている」時は疲れにくいし、やる気もあって元気なんです。

新聞紙みたいにパッと燃え尽きるような燃え方はすぐに終わっちゃうけど、燃料が「志」という奇跡の素材だったら、すごい持続力と熱さを維持する事が出来るのです。

ただ、自分の持っているエネルギー量を超えるほど大したことをしていないのに、やたら疲れる!ってときもあります。

それがどういう時なのかというと

  1. 憑かれている
  2. エネルギーが漏れている
  3. エネルギーが使いきれず腐っている

といった状態である可能性があります。

1の憑かれている、は言わずもがなで浄化しましょう。

憑かれているな、と思ったら「憑かれているかも」とすぐ気づいていけば良いだけです。

まずは心の中で「自分の中から悪いエネルギー体、出ていけ!」と念じましょう。

そしてできる人は火の浄化をしたり、水の浄化をしてください。

本気で取り憑かれてる時は浄霊してもらうしかないですけどまぁそれはまた別の話しになるので割愛します。

 

2は、やらなくて良いことをしている時や、不平不満・愚痴が多いと起きやすいものです。

防ぐためには、エネルギーが漏れないようにまず口にする言葉に気をつけるようにしていくことです。

魂を風船だと見立てるとわかりやすいです。

風船に穴があいて、中から空気が漏れてる状態のところに「良い言霊」をかけ続けると、その言霊がグミみたいになって穴の部分にぺたっとついて修復するイメージです。

そして、3。

これは何もしなかった日の方が疲れる、なんて事もあるはずなので感覚としてなんとなくわかるんじゃないかなと思います。

エネルギーというのは適切な使い方をしないと、結果的に余計疲れるものなのです。

水でも食べ物でも、必要以上に余らせて放置したら腐ります。エネルギーも一緒だということです。

やりたくない仕事でも、お金のためだけに働き続けている時は、見事にエネルギーを腐らせていきます。

けどまぁ世の中の人のそこそこの人数は生活のためだけに働いているのですが。

当たり前な解決策しか言えませんが、エネルギーを腐らせないためには

  • 世のため人のためになることをする
  • 魂を磨き、成長させる努力をする

という意識と行動が必要になってきます。

これは人間みんなに共通する使命です。

形がどうであれ、この2つに目覚めればエネルギーを腐らせる暇がなくなるのです。

(抽象度が高すぎるので、もう少し掘り下げていく必要がありますが)

あと、余談ですが、エネルギーとウィルパワーは似て非なる別のものです。

そして、エネルギー値がとにかく低い人は腐る以前に足りなくて疲れてしまう事もあるかもしれません。

そういう人は特に何が必要なのか?というと

【習慣化】

です。

歯を磨くように祈ることも当たり前にする…など、開運習慣とか仕事の進め方は習慣化していかないと、持ち合わせのエネルギーで一日をエネルギッシュに回すのが難しくなります。

ってまぁ習慣化はエネルギー値が高い人だってどんどんしていく方が良いに決まってますけどね( ﹡・ᴗ・ )b


鑑定のお問い合わせはvivalatakoyaki@gmail.comまでどうぞ。

▪️対面鑑定・講座スケジュール

▪️ヒーリングも受付しています。詳しくはコチラ→ヒーリングします

▪️毎日届くLINE一言鑑定、6月スタートご希望の方は→LINE一言鑑定

ではまたー

Related Entry

憑依されたわたしが憑依されない方法を語る

直感力を磨く方法!

お盆は憑依に気をつけよう!8月を快適に乗り越えるには?