心と体のバランスをとる

魂目線を知って運を開いていこう

この記事は2017年に書いたやつです

肉体があなたではなく、魂があなた

肉体とはスピリチュアル的に見れば、人間界で使用させてもらえる自分だけに与えられた唯一無二の超高性能な器です。乗り物であり、魂から見たら機械のようなものなのです。

大切なペットや植物のように、肉体も世話をして手入れをしてあげなければどんどん古くなり錆びついたり枯れたりしていきます。

しかし、肉体というのは超高性能であるが故、魂の欲求に従って行動していると、多少無理をしてもついてくることが出来ます

限界突破が可能な点が、普通の機械と違うところです。

肉体自身は魂と同期したバイブレーションを起こす霊的な波動がもともと備わっています。
これが敏感な人は霊感があると言われたりします(波動が合わないと違和感が出るから)。
ヨガをやっている方も、足の裏や手のひらから大地の気、宇宙の気を受けて何か感じることが出来たりしますよね。それも肉体と幽体と霊体の振動が合致した時に起こしやすいものです。

体が出す痛みや痒みは魂からのサイン

当然のことながら、肉体(器)から魂が抜けてしまえば、痛みもかゆみも一切サインは生じえません。

人間の病気はほとんどの「不自然」な行いから生じています。
人間の悩ましき課題そのものでもあります。

痛みが出るのはその痛みの原因を作る不自然な行いがあったからこそです。
原因があるから結果がある、というのが宇宙の法則だからです。

環境ホルモンのせい、放射能のせい、汚染された水を飲んだせい…

と、色々な外的要因が考えられるとも思いますが、それは魂目線からするとごく一部を切り取って片側から物事を見た結果に過ぎません。

魂目線でもっと肉体ごと楽になっていくためには、過去現在未来の長い視野で見ていくことです。

その事象の中になぜ自分はいたのだろうか?

という事にも目を向けなければならないのです。

そういう意味でいくと、うつ病もがんも、ある日突然なるのではないんですね。そう受け取れてしまうというだけで、そうなるための原因はたくさん散りばめられてきていたということです。

けどそれもまた1つの人生であり、経験であり、魂は喜んでたりもするんですが。

体はペットと同じです

大切に労わり、可愛がり、手を入れ、世話をし、愛してあげなければいけません。

体はどんなにひどい宿主でも、心臓を鼓動させ血液を巡らせ、呼吸をして酸素を体に送り込み、不要な毒素は糞や尿として排出してくれます。

止まれ、と命じても呼吸も心臓も止まりません。

体は限界を迎えるまでは絶対に諦めずに、宿主の魂をこの人間界に留め置こうとしてくれています。

日頃の感謝が足りていない事のひとつとして、そこには当然ご自分の体そのものに対する感謝も含まれていることがよくあります。

  • 足首やお腹を触ってみて、冷えていませんか?
  • 女性は生理のとき、過度な痛みが生じていませんか?
  • 体を伸ばさず縮こまってばかりいませんか?

上記は全て、自然界から見れば不自然なもの。

健康的な自然界の動物は冷えていません。
(カエルとか金魚とかは別ですよ^^;哺乳類でね)

自然界に生きている命は、誰に教わることなく命を紡いでいくことができます。

私達現代人も、たまにこういう野生とか自然な感覚を取り戻してみると、ある時突然「なんか居心地が悪い!」と感じる瞬間がやってきます。それは自分にとって当たり前だった、魂からみたら不自然だったことにほかなりません。

健全な魂は健全な肉体に宿るのか

これは「肉体を適切に管理できる魂は健全に育ちやすい」という意味合いのほうが霊的解釈としては近いです。

余談ですが、夏が終わったなと思ったらさっさと肉体の中の「3つの首」を冷やさないうようにしていきましょう。特に首の後は憑依もされやすい場所です。憑依された時に、首の後ろを温めて背骨に気を通すだけでも憑依が取れることが多いです。

健康面と守護強化面でともに役立つのが3つの首のケアなので、ぜひ意識してみてね。

ただ覆うだけではなく、体そのものがきちんと発熱できるよう、適度に体を動かしてあげることも大事ですよ。

わたしは魂の存在である

この意識を常に忘れないことです。

肉体に振り回されず、肉体をいたわり、肉体にどんどん元気になってもらおう。
肉体は魂が人間界を冒険するための乗り物であり、個を味わうための道具です。

魂が輝く人生を送るためには、肉体が自分だと思うことをやめること。

肉体という個・フィルターを通して宇宙の視点で魂がこの世に姿を現しているという実感を味わえるように我を減らしていくこと。

宇宙から、肉体という望遠鏡を使ってこの世の中を見渡している

そんな意識をしてみてもいいかもしれません。

我が強い時や喜びが感じられない時、この望遠鏡の内側に自分の魂を閉じ込めてしまっているような状態で宇宙から無尽蔵に与えられ続けている愛や叡智を受け取れていません。

わたしは魂の存在である、という自覚や意識は、そんな状況に陥ったとき、自分の心を必ず救ってくれます。


11月29日に癒やしフェスティバル@浅草に出展する予定です!

あと10月中に一度、都内で人数限定の「魂の声に気づくワークショップ」も開催します。
こちらはLINE一言鑑定を受けていらっしゃる方を優先にご案内する予定です。
西日本の皆様向けにもどっかのタイミングで開催したいなー。京都と大阪の間くらいの場所で!

といいましても、自分が講師!みたいな感じでしゃべるのがガチで苦手なんで、ワークショップといえど気軽に美味しいお茶とケーキを楽しむような感じで集まれたらいいなと思っています!食べ物に釣られてくる人がいたら儲けもの・・みたいなw

あと最後に。

今日から100日毎日ブログ書くっていうチャレンジをしてみます!
100日後がちょうど12/31大晦日だったんです。

今日の記事みたいなのは毎日難しいと思うけど、よろしければお付きあいください。
それでは、ありがとうございました!

LINE一言鑑定の募集

鑑定依頼はこちら

ABOUT ME
tacoyaki
<地に足のついたスピリチュアル> たこやきちゃんは、シルバーバーチ霊が説く事を世の中には広めていくことが自分の使命だと思っています。そして!シルバーバーチの仰っていることはとっても抽象的で難しいんです! なので、その抽象度を少し落としたり、想像力を刺激してスピリチュアルを身近な教養にしていけるよう超訳してみなさまにお届け出来るようにしています^^ プロジェクト・マネジャーの仕事をしつつ、霊媒師として生きる数奇な人生。