ご縁に導かれる

神様に呼ばれたと勘違いしていた過去

初めて一人旅で屋久島に行った時、
私はとても誇らしい
気持ちでいっぱいでした!

なぜなら、屋久島は
「呼ばれた人だけが行ける島」
とも言われるところだったから。

「そんな場所に、

降り立つことが出来た

ワタシ( ー`дー´)スゴイ」

と、

何だか自分が「選ばれし者」に
なったような…

自分すごいんだぞ!みたいな、
すごい上から目線な気持ちに
なっていました。笑

しかも、

トレッキングする時は決まって、快晴!

3度も縄文杉を見に行っていますが、
一度も雨に降られることが
なかったんです(^o^)

▲縄文杉。当時のガラケーでの撮影^^

でね。

屋久島にはなぜか3年連続で
毎年行っていたんです。

なので、行けば行くほど

 

「また島(神様)に呼ばれた私〜♡」

「他の人と違う特別な私〜♡」

「選ばれしもの、私〜♡」

 

って、ドヤりをさらにパワーアップ
させていたのでした(;´∀`)www

マジで今ならぶん殴りたくなるような
勘違いなんですが、
その当時は本気でそう思っていた。

なぜなら、

自分は選ばれし者で在りたい

という承認欲求
どちゃくそに強かったから。

▲2009年、屋久島に初上陸。この時自分の中で「空港」の概念が変わりました。

スピリチュアリズムの観点から
まず先に事実からお伝えしますと、

 

別に呼ばれてない

 

です。

 

島(神様)側からしてみれば、

 

あなたが自分で

来たんでしょ

 

私は門を

開けているだけ

 

なんですよね(;´∀`)!!

 

神様はね、

君は選ばれしものだから

私の元に呼んであげよう。

 

君にだけ特別な運を

授けてあげよう。

なんてことしないんです。

神社や聖地などに
足を運んだりして、
気持ちがハイになったり
不思議な経験をしたりすると

神様に呼ばれた=自分は特別

的な、選民意識を刺激される。
そうなると

  • 呼ばれた=いいこと
  • 呼ばれた=特別
  • 呼ばれた=選ばれしもの
  • 呼ばれた=勝ち

…みたいになってくる。

逆を言えば、自分の中に
良い悪い判定や
勝ち負け意識があるから
「呼ばれた」「選ばれた」を
いちいち言い放ちたくなるのだ。

▲これは屋久島二度目の時にみた夕陽。

もちろん、
屋久島でも伊勢でもセドナでもどこでも
「呼ばれた」と思ってもいいし
言葉を使ってもいいんですよ^^;

見えない力が働くことを否定している
のではないの。

行こうとしても、どうやっても
たどり着けない時もあるし、

逆に、不可能だと思われていたことが
奇跡の連続でたどり着ける時だってあるから。

それはそれで、霊界からの
働きかけがあるということ。
そう受け取ればいいと思う。


 

私もあなたも、
奇跡の連続が起きて
この世に生まれてきたし、
今もこうして生きています(^_^)

みんな、全員、等しく
神の一部です(*^^*)

自分だけが特別なのではなく、
み〜んなそれぞれが特別なのだ♡

だから自分だけ特別扱いされた
というアピールはほんっと〜〜〜に
意味のないこと。
(だってされてないもんw)

スピリチュアルスポットへ
足を運んだのは、
大いなる存在が自分達だけを特別扱いして
呼び寄せたのではなく

そこへ行きたいと願いを放った自分自身の、
内なる神が「そこ」から呼んだ。

=そこに行きたいと思った自分がそこから呼んだ

ってこと。

 

神様や守護霊様とは、
やっぱりすべて「
内側」で
感じるものなんですよ♡

 

 

オマケ。屋久島でみた至近距離の野鹿。
「ほんとにバンビみたいな柄してる!」と感動しました。

鹿が増えすぎて野山がツルッパゲになってしまってるので
駆除して鹿肉を観光名物として売り出してるんだ〜

なんて話しを、民宿のおじさんがおしえてくれたなぁ。
(鹿肉より猪肉のほうが個人的には好きです)

 

ABOUT ME
Kie(tacoyakichan)
霊感強い憑依体質→霊能力開花して霊媒体質に叩き上げた人。 とはいえ、霊視はただのレントゲン。 スピリチュアリズムを学ぶことのほうが、霊能力より大切だと思っています。