魂を輝かせる

人生の転機を信じた旅③

満を持してメンターによるスーパー叱責タイムがスタート(^o^)/

人生の転機を信じた旅①

人生の転機を信じた旅②

 

知り合って10年以上ですが、ハワイの地で初めて、
本気で、遠慮せず、傷つく事もわかったうえで
徹底的にフルボッコに叱られました。

===================================

「あなたはいつも他人と比べ過ぎ。

いつもそう。ずっとそう。
このことに限らず、わたしが何か指摘するとすぐ否定する。

『そうじゃありません』『わたしはやってます』

って、あなたは必ずわたしの言葉を否定するんです。

 

わたしは10年以上あなたを見て
毎週会って何百時間と今まで話してきてるんだから、
あなたよりよっぽどあなたのことがわかりますよ。

 

他の人は、あなたよりもっとやってるの。
見えない所でみんなたくさん努力しているの。
だから結果にもつながるし成長している。

 

世界平和の祈りでも瞑想でもなんでも、
やれって言われたことを
出来てないから結果※を出せてないんですよ。

 

結果をみれば誰が見てもすぐわかるでしょう?
今あなたは結果を出せてるの?
出せてないよね。

ていうことは、やってないっていうことなの。
出来ていないの。

 

こういうとまた『わたしはやってます』って否定してくるんだろうけど
そんなこと、結果を出して初めて言えるんでしょう?
人と比べて自分はやってる・出来ている、っていうのが大間違い。
ここにいるみんなはあなたと違って誰もそんなこと思ってないから。

(※メンターが言う『結果』とは、全国各地から相談者さんが訪れてきていて、
来る日も来る日も人に感謝され、人を導き、
ひとの人生を変えるような生き方ができているかどうか、という意味です)

 

あなたは一匹狼なんだから、仲間外れなのは当たり前でしょ。
群れないでしょう。いつも1人でいるじゃない。
今までのセミナーでも、いっつも1人で行動してたじゃない。

原因があるから結果があるの。人のせいにするな。

 

一匹狼の癖に寂しがり屋で、
そこで人と比べるからそうやって泣くんでしょ。

 

 

ここにいる全員から認められないとだめですよ。
ここにいる全員の心をつかむ人じゃないとだめですよ。

 

そんな事もできないで、相談者さんなんて来るわけがない。
来るわけがないんですよ。

 

ここにいる全員がたこやきちゃんに
話しを聞いてもらいたいと思えるとおもう?

 

全く思えないでしょうね。

 

誰一人そう思わないよ。

あなたみたいな人に話しなんて聞いてもらいたくないから。

 

とにかくあなたは人と比べ過ぎ

===================================

と、本気で叱られました。

単に傷ついてるんじゃないですよ?海くらい深く反省しているんですw

 

愛があるからこそ

1時間以上、そんな感じで
自分の弱さや悪いところを指摘され続け、

『こんなことを言わせてしまうほど自分は最低な未熟者なんだ』

と猛省しながら1リットルの涙を流し続けました。

 

叱責するのってとてもエネルギーがいる事ですよね。

 

闇雲に怒鳴り散らしてストレスを発散する人もいますが、
マイユウキ先生の叱責はもちろん、それとは全く違います。
愛があってのことです。

本当に体力気力がいることだし、
自分のことをよく知っているからこそ、ぐさっと来る
指摘が1時間以上し続けられるんです。

大泣きしながらも、この出来事によってたこやきちゃんは

 

<人と比べない生き方をしなければいけない>

 

と本気で、本気で決意することになったのです。

 

そしてわたしにとって一番恐ろしいのは、怒られることではなく
こういった大切な人から見放され、無視されることです。

 

人生の転機

一度涙を落ち着かせ、興覚めさせてしまった
ディナーの再開の後、何とか他の方々とも会話が
出来るような状態で食事は終わりました。

解散して1人になってから
おもむろにスマホを開くと、
母からLINEが届いていました。

 

たこママ「今日の星座占いは人生の転機と書いてあるよ。」

 

 

 

   人生の転機

 

 

 

ああ、なんてタイミングだ。

こんなに色んなことを思い知らされて、こんなにも強く決意している。

 

これを転機と呼ばずしてなんと呼ぶ?

 

 

パタパタと涙が床を叩く音が鳴り響く。

メンターからの10年の信頼を失い、
せっかくのハワイの夜に人に迷惑をかけて、
相談者さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいで。

「いっぱい」と「カラッポ」がせめぎ合いながら、1人で過ごすハワイ島での最初の夜。

窓の外からはとめどなく波の音が聞こえていて、なんだか虚しい。

 

そしてこのときノートを開き、こう綴っていました。

 

「くやしい 変わりたい このままじゃやだ
そんな風にして涙を流すのはあと何回で終わるんだろう

大号泣の、初日の夜@ハプナ

生きているだけで恥ずかしい。

そんな気持ちで、ただただ「変わりたい。成長したい」と思い、決意しつつも…

魔法のように世界がその場で変わるわけではありません。

 

ハワイ初日は、本当に苦しい時間でした。

 

 

 

(つづく)

人生の転機を信じた旅④

ABOUT ME
tacoyaki
<地に足のついたスピリチュアル> たこやきちゃんは、シルバーバーチ霊が説く事を世の中には広めていくことが自分の使命だと思っています。 けど元々はお金、名声、人脈、羨望を求める愚民以下の人間でした。今までそういう自分が出てくることもあります。だから弱い自分に負けないための修業をさせて頂いている日々です。 そして、なにより。 相談者さんや守護霊様との交流を通して、日進月歩で修行させていただいています。