「よく聞く良いこと」はどれだけ実践するか

開運、健康、マインドなど良いとされる習慣はこの世にごまんとあふれ、いろんな人が本やテレビで説いています。

今日する話もそうです。

「よく聞くよくある話し」だと思います。しかし、それを「知っているだけ」と「実践する」ことには雲泥の差があります。

知っていてもやらないのは「知らない」こととほぼ同義です。

むしろ、知っていて無視する方が徳の貯金を目減りさせているかもしれません。

ぎくっとしたなら、今日からこれを意識してみましょ。

1.背筋を伸ばす

あたりまえですが、姿勢が悪くて良いことは何1つありません。

スピリチュアルな世界から見ても、
「悪い姿勢は良いエネルギーを受け取りにくくする」という事があるそうです。

空から、光の柱がスーーッと降りてきていることを想像してみてください。

その光を、頭の上に落としましょう。

首の後ろ、背骨、足を突き刺して、踵から今度は地面に、地面から地球の真ん中にまで光の柱が落ちてくることを目を閉じて感じることです。

否応無しに背筋が伸びてくるはずです。

座っている場合は、お尻の付け根の骨から椅子に向かって光の柱が突き抜けて行く感じです。

肩甲骨を寄せ会うように胸を張って堂々と歩くと、ただそれだけで足取りが軽くなります。

背筋を伸ばして空を見上げると、ネガティブな気分が楽〜になります。

良い姿勢で過ごして悪いことは起きませんが、みんなついつい肩を丸めてコソコソと歩いていますね。

読みながら、胸を張って背筋を伸ばしてみましょう。

2.深い呼吸をする

リラックスしてる時は、呼吸はふか〜くなります。

ということは、呼吸を深くすればリラックスしやすくなるということでもありますね。

見えない存在からのメッセージは、リラックスした状態でなければなかなかキャッチすることが出来ません。

また、普段からずっと緊張状態が続くと体も強張り疲れやすくなります。

現代人は、普通に生きてるだけではなかなかリラックスできないので、意図して深呼吸をする機会を増やすと良いそうです。

そして、息を吸う時はキラキラ光った金色の粉を吸い込むようなイメージをしてみると尚良しです。

3.先のことを考えすぎない

貯金がないとか、今の仕事を失ったらどうしようとか、病気だったら…と、結果が出る前に未来を案じて暗い気持ちになるのは人だけです。

貯金があっても、運が悪ければ何の意味もありません。むやみに貯めこんでも、ストレスが溜まるだけで人生の流れが悪くなってしまうようでは天からの評価は下がります。

老後が心配だから、とか様々な事がメディアでも叫ばれていますが、人からも守護霊様からも好かれるような人なら、何かあった時に誰からも見放されてしまうなんてことはないのです。

必ず人の助け、天の助けがあります。

まとめ

過去や未来を憂いて今を失わないこと。

背筋を伸ばして深呼吸する時間を1日に何度もつくること。

口角を上げて、あなたが今できる事で懸命に生きること。

晴れた気持ちになって、今日もありがとうに溢れた1日にしてください(*´꒳`*)

本日もお読みいただきありがとうございます。


鑑定のご依頼、お問い合わせは

vivalatakoyaki@gmail.comまでどーぞー

Related Entry

NO IMAGE

スピリチュアルにハマって人生を棒に振ってはいけない。

NO IMAGE

頭で考えすぎる時は、無理に動かない。

NO IMAGE

不安や恐れを減らして自分らしく生きる

NO IMAGE

神社で開運する為に、知っておくべきこと

NO IMAGE

相談相手が誰なのかは重要です

NO IMAGE

守護を高め、浄化する私の朝活方法