仏の心で華麗にスルー力をつける

日常生活の中では、些細なことから大きなことまで

実に様々な事が起こります。

起きた事象は全く同じことなのに、
受け取る人の心の状態や思考の癖によって

同じはずだった事象が全然違う出来事になることは
ここに来てくださる方にとってはよくご存じだと思います。

 

豊かな人は基本的にどんなことでも、なるべく
自分にとって都合の良いプラスのラベルを貼る癖があるのに対し

突き抜けるまでもう一歩、という状態の方の場合、
自分は悪くないという主張を曲げきれず、他人や状況に対して
マイナスのラベルを貼ってしまう傾向があるのです。

最近、SNSでたまたまこんな記事を目にしました。
お店のレジでの出来事らしいのですが

お会計の際そのままで良いですとと申告したのに、
その2秒後に
「あたためますか?」
と質問された。

けっこうですと言ってそのまたすぐあとに
「袋にお入れしますか?」

イライラMAX、
同じこと何度も言わせんな!!

ねぇあなた、どうしてそんな仕事しかできないの?
etc…

というような内容の投稿がありました。
(シチュエーションや文言は本人に行きつかないようアレンジしてます)

 

個人的には、
こんな風に思うのは内心すごくよくわかるんです。笑

わたしも電車の中とかで、けっこうイラァっとしたりするし、

接客業がかなり長かったので
ホスピタリティの足りてないお店や店員さんに対しては
多分、意地悪ばあさんにも負けないくらいの嫌味が言える程
ジャッジが厳しいと思うのでww

ただね、それをSNSという人の目に触れる場所でわざわざ
文章化して人に発布する必要は全くないんですよ。

後ろの方が、このような行動に対して

「良い子だねこの子はーがんばれがんばれ」

って背中を押すことは無いんです。
むしろ逆の事が起きています。

こういう投稿をする理由は、
「あなたの気持ちわかる!」
という共感が欲しいからとか、

「自分はこういう仕事は絶対しない」という
相手より自分が優位であるという
自己顕示欲を満たしたいからなのではないかと思われますが、

発散すると同時に、徳のポイントも
大きく削がれているので注意が必要です。
(絶対誰も見てない所ならまた別なんですがね)

どうにも我慢ならないくらい、
イライラすることもありますけど
そういう時ほど未熟な心を育てるチャンスなんです。

もうねーたこやきちゃんも中々感情で
生きてるような所がある(あった)ので、
気持ちは非常によくわかるんですよ。

10年以上昔に「mixi」やってたころとかね。

良いことも悪いことも、
とにかくなんだって感情が動いたイベントは
すぐ日記にしてマイミク(懐かしいw)達からの反応を
心待ちにしていましたから。

今はもう、自分が書きたい事を書くフェーズは終わり、
誰かの役に立つ記事を書きなはれ、と
霊界からの指令を受けているので
こういうことも極端にしなくなりましたが・・・

ミディアム(霊媒)じゃなかったら、
昨日見た店員さんへの不満記事の投稿者は
私自身だったのかもしれません。

今でももちろん、誰かに聞いてもらって
共感してほしくなるくらい
激情にかられることもたくさんあります。

でもそういう時ほど、
心の内側で暴れ狂う龍をなだめるんです。

そして
「仏仏仏仏・・・!!」
と自分は仏様のように物事を見聞きし、
答えるんだと言い聞かせるんです。

いやもうギャグか?って途中で噴き出すくらい
「仏仏仏~~~」
って文字通り念仏してますよ。笑

今回たまたま目にした
この憤る気持ちや不満の声の発露も、
例えば相手が自分の部下やクライアントだったら

人(ましてやお客様)の話しを聞いていないとか
仕事が出来ない事に対しては
出来るようになってもらわなければ困ります。

ですが、今回の場合はあくまでも
自分とは直接かかわりのない人のこと。

確かに自分が購入した代金がまわりまわって
その店員さんのお給料にはなってるんですが

そんな人の事をねちねちと事後に文句や不満を書き連ねても
その人は何も変わりません。

それだったら、仏様の心を持ってみる練習をするんです。

仏様だったら怒りもしないし、文句も口にはしないでしょう。

ただ静かに微笑みながら
「そうかそうか」と起きたことを肯定するのみです。

もしかするとそこからさらに

「少しでも仕事ができて、そしてあの人にとっての幸せが訪れますように」

とか祈ってるかもしれません。

心の中で「仏仏仏ー!(敬称略)」と唱えて
エアー座禅するとか
ホトケノザでも思い浮かべるとかしているうちに、

イライラや不満を文章化したりわざわざ口にして
エネルギーをすり減らすことが、
そのうちばかばかしくなるかもしれません。

そうなったら占めたものですよ。

 

Related Entry

見えないものばかりの世界に、生きている。

NO IMAGE

人間関係に困った時は

NO IMAGE

人から信用される方法

あなたには世界を動かす力も備わっている

NO IMAGE

子育て、恋愛、人間関係に悩むなら

NO IMAGE

人間関係を楽にする方法