ただ幸せになりたいだけ、の裏の顔

ただ幸せに暮らせればそれだけでいいのに

今日はたこやきちゃんがダメダメだった頃の事から語らせてください。

昔、悩みの無限ループをさ迷っている頃。

「ただ幸せに暮らせればそれだけでいいのに」

というようなことをよく口にしたり、月を見上げて祈ったり、神様や守護霊様にお願いすらしたりしていました。

一見謙虚そうですが実はこれ、内側は大変傲慢で人の話を聞かない人間の代表なんです。

霊格の高い方ならすぐ気付かれたかと思いますが、
古たこやきちゃんは「ただ幸せに暮らせれば」
といっているけど、本当はその時点で既に
「ただ幸せに暮らせている」んですよ。

当時の私はお金がない、ない、とか言いつつ、道端の草に塩とかポン酢かけて食べたりなんかしてなかった。

てことは、お金ないとか言いつつお金はあったわけです。

霜の降りる厳しい寒さを、スーパーとか公園のベンチでガタガタ震えながら迎えてなんかいなかった。

ちゃんと、住む家があって暖かい布団にくるまって寝ていたから。

ほらね。
事実としては間違いなく「幸せに暮らしている」わけです。

なのに、それにまったく目を向けず(むしろ目を背けw)
自分は幸せではない、
まわりは幸せそうなのに自分だけすごく可哀そうだ、
誰かアタシを見てー!!という悲劇のヒロイン症候群を発症していました。

(正確に言うと、幸せを全く「感じる」事が出来ていない状態)

それにね、「ただ幸せに暮らせればそれでいい」なんて言っちゃってるけど、実際はそれだけじゃなかったのです。

本当の願いは「ただ幸せに暮らせれば」の裏に膨大に潜んでいたのです。
それは今でもパっとすぐ思いつきますが(笑)、こんな感じ。

質が良くておしゃれな服を着たい。
毎月美容院に行ってきれいさを保ちたい。
友達が欲しい。←
人から慕われたい。
尊敬できるパートナーがほしい。
自分の好きなことをビジネスにしたい。
会社に捕らわれない生活をしたい。
身長162センチ体重47キロの快活美人でいたい。
ヨガとお茶とカフェでのノマド作業を存分に満たすライフワークを送りたい。
毎月海外に飛び回りたい。

THE・欲望の覇者ww

次から次へとこういうことばかり、内心では常々本気で願っていたんですね。

当時は、新月の願いとかも毎月しっかりやっていたので、
手帳には毎月願い事が10か条ビッシリ書き込まれています。

(これ見たい人いる?)
(もしいたらコメントかメールでお知らせください)
(ニーズがあれば公開しますw)

他にも、引き寄せノートとか自己実現ノートとか
夢をかなえる手帳とか、ありとあらゆることは実践していました。

でも、冒頭にも申し上げました通り、神様仏様や守護霊様や宇宙や月にはこの欲望は無意識に隠していて(隠せてないけど本人は気づいていないというか)

「せめて人並みの幸せを」

とかお願いしていたのであります。

ついでに言うと、いっちょ前にハタチそこそこで既に自己啓発とか引き寄せとかスピをこじらせるほどかじっていたので、心の中の声では、こう言っていました。

「私に出来る努力必要な努力はします。理想とする生活を迎え入れるために学び続け、人の役に立てるような人間になります。いつもありがとうございます。」

みたいな。

が、己の心の奈落の底3丁目5番地あたりの広大な敷地に欲望御殿を構えて、欲張りすぎる欲望煩悩最悪怨念みたいなものまで放し飼いにしていたわけなのです。

(ひ、ひどい・・・)

よくある引き寄せの法則がいつまでたっても発動しない典型みたいな例ですね。

そんなわけで、これではたとえ1000万円もらったとしても幸せにはなれないんですよね。その場では「うぇーい!」ってなっても、またすぐに「このお金がなくなったらどうしよう」みたいな不安のほうが大きくなってしまうという。

ね、ほんとにダメダメな奴でしょうこの子って。
(一所懸命頑張っているんですけどね)

今ではもう色々な感情を通り越して「よしよしかわいいなぁがんばってるなぁ空回りしてるけどね」なんて感じで、微笑ましく回想していますが。

人並みに幸せならそれでいい。

それなのになぜかいつも悩んでばかりいる。
心が晴れない。

そんな人へのメッセージをお伝えします。

運さえよければ結婚していても幸せ
結婚していなくても幸せ

運さえよければ子がいても幸せ
子がいなくても幸せ

運さえよければお金があっても幸せ
お金がなくても幸せ

運さえよければナイスバディでも幸せ
太っていても幸せ

これが霊界からの回答です。

正直、あんまり鵜呑みにできない抽象度の高さです。

たこやきちゃんは、特に恋に悩んでいたときはぶっちゃけ「うっせぇ!結婚できなきゃみじめ過ぎて幸せになんかなれっこねぇよ!」みたいな、口の悪い悪態をつく始末の悪さでした。

でも今は、皆さまのおかげで少しだけ成長できたみたいで、霊界からのこの回答に「ほんとそうだよなぁ~」なんて感じられるようになりました。

ミディアム(霊能者)とし生きる選択をしていなかったら、私は間違いなく今でも「自分はいつも可哀そう」という悲劇のヒロイン症候群のままだったはずです。

あともう1つは、もう何を失ってもどうでもいいくらい一度絶望的な状況に陥ったことがあります。

これも人生の転機だったと思います。

あれがなければ、霊的真理については今ほど理解できなかったかもしれません。

見えない存在からのメッセージは、風邪で高熱にうならされている時の点滴みたいなものなんです。

39度近い熱なのに悪寒が止まらず汗もかけないで、全身ひどい倦怠感と目の奥の頭痛と激しい息苦しさで苦しくて苦しくて、とりあえず起きてるのも辛いのに眠る事も出来ず、生きている事がもうつらい…

そんな時の点滴は、悪寒を止めてくれ、ようやく汗をかかせてくれるようになり、栄養も注入されたおかげで少し体力が戻ってきて、高熱ながら元気が出てきて、生きている事がつらいと思ってたけど、いやいやまだがんばれるじゃん自分!むしろ自分より大変な人もっとたくさんいるじゃん!って感じになるんです。

他にもまだまだいろんな例えはあるけれど、たこやきちゃんは絶望期にいただいた霊界からのアドバイスは、こんな感じだったわけです。

というわけで、すごく落ち込んだときって本当はチャンスですよ~

どんな自分でも、どんな環境でも、運さえよければそれがいつも「最適」「最高」になるんです。

運が無い人はね、大金持ちと結婚して何不自由ない暮らしを手に入れても、心は奴隷のように扱われ、縛られ、不幸になってしまったりします。

運が無いまま下手に大金を持ってしまうと、たちまち不幸になるんですね。

運が良ければ、お金がなくなっても食べるものに困らなかったり「貰ってあげる」と相手に感謝されて、自分も周囲も幸せにすることも可能です。

人並みに幸せならそれでいい。

もしそう思っている場合は、そこに隠れた自分の「裏メッセージ」を探ってみてくださいね。

そして、結局は転んでも転ばなくても運さえ良ければ結果オーライなんです。
運をよくする方法はたくさんありますが、まずは

「運を良くしよう」

と意識すれば良いので、心の中で今から10回「運をよくする」と唱えてみましょうね~

ではまた。

Related Entry

NO IMAGE

一瞬で気分を変える!

悩んだ時は◯するのが一番

聖人君子にはなれない。目指すことはできる。

山も谷も振り返ってみれば一筋の線

NO IMAGE

たくましく生きる

NO IMAGE

せっかく生まれてきたのに、人生を後悔して死んでいく