大掃除しよう!~夏越の大祓~

来る6月30日は、夏越の大祓です。

本来の意味は罪穢れを祓う行事です。
年末の「年越しの大祓」と6月の「夏越の大祓」があります。

そ・し・て

大祓の時期が来た、ということは・・・

年末の大掃除から1年の半分が過ぎたということです。
皆様にとって、この半年はどのような時間でしたか?

年末の大掃除の時期から今日までをもう一度繰り返すと、
次はもう冬真っ只中の2017年、暮れです。
これを思うと、

1年というのは1日よりも早いものだ

と私は感じます。暇な日の1日とかほんと長いしね~
(え、ちがうってw?)

*.゜゜。*☆。*゜..☆*゜。*.゜゜。*☆。*゜..☆*゜。

明日の事を案じるよりも、今を少しでも楽しく過ごせることに集中したほうが心はとっても平和です。

明日というのは不安の日ではありません。
たとえ、どんなに嫌な予定が入っていたとしても。

明日は自分が今日より1日おおく生き、今より少しばかり経験を重ね、今日よりも魂が研磨された日です。
それを実感できるのが明日の光というものです。

無闇に案じる事は極力減らして、ピースフルなあなたでいてください。

さて。
30日は夏越の大祓ということなので、それまでにお片付けと、いつもよりすこ~しばかり頑張って、お掃除を開始してみてください。

大掃除するには時間が足りなさ過ぎる!!

そう思ったアナタ。
大丈夫、まだ1日以上も時間があります。

その間に出来る事をやったら、それで良いんです。
完璧に大掃除を完遂させられなかったとしても、それで運が落ちるわけではありません。

落ちるとしたら

「掃除したほうがいいんだろうな」

と思いながら何もしなかった時です。

大祓の前に読んでおいてほしい、予備知識。

日本にいると、お盆の時期はご先祖様がたくさん帰ってくるため生身の人間であるわたしたちは、どうしてもその影響を受けてしまいます。

ぼーっとしやすかったり、ひどいときには憑依されてしまいます。

お盆の時期は毎年、交通事故や水の事故がとても多いですよね。

そういう影響は、少しでも受けないように自分自身でも身を守る工夫をする必要があります。

それに備えるために、今の時期に大掃除をすると

  • 邪気が払える
  • 憑依されにくくなる
  • 守護が強くなる

という利点があります。

この夏をもっとハッピーに過ごす一工夫、という意味で掃除に挑むとやる気もきっと変わってくることでしょう。

日中お勤めの方も多いと思いますので、ここで1つ裏技をご紹介しますね~

それは、

掃除機をかける前に粗塩を部屋に撒く

ということです。

盛り塩はお掃除をして、部屋がきれいになってから行いますので、埃が落ちている段階では床にぱらぱらっとお塩をまいてから掃除機をかけてくださいね。
いや、別にほうきとちりとりでサッサと掃いてもらっても良いのですよ^~^

粗塩はなるべく食塩ではなく自然塩を選びましょう。
(浄化の力が違います)

部屋の高い部分の埃を払って、お塩を撒いて、掃除機をかけて、最後にホワイトセージがあれば焚くと尚良いです。

義務ではなく、自分や家族、大切な人のためにやりたくてやる。

日本の伝統文化やしきたりは、生活やこれから行われる儀式をより良いものにするための前準備とか、気づいて無い事に改めて気づかせてくれるようなものが多い気がしています。

大掃除のこと、めんどくさいなぁとか思わず
「夏に備えての先人の智恵すごい!」
って感じで出来る事をちょろっとやってみてください。

たこやきちゃんも、クローゼットの奥とかバッグの中とか靴箱の中をキレイにしようかな~って思っています。

窓は朝天気が良かったらやろうかなぁ。
これは30日に間に合わなくてもいいや、気持ちが良い日にやろ~っと。

というわけで、夏越の大祓の時期に併せて大掃除・プチ掃除。

ちょっとやってみてくださーい^^

Related Entry

NO IMAGE

開運したいなら知って欲しい3つの事

NO IMAGE

成功に見える影で意外とじたばたしているもの。

運に必要なのは◯◯である。

NO IMAGE

「いつもと何か違う」。そんな時はアレを使って浄化しよう

NO IMAGE

生きているのは「いま」だけではありません。

NO IMAGE

今この瞬間から運気を10倍アップさせていく方法