見えないものばかりの世界に、生きている。

世の中に

どうして争いが

起こるかといえば、

見えないもの

ばかりだから。

 

現代の宇宙物理学を持ってしても、宇宙全体の96%は見えません。

見えるのはたった4%だけ。

人の心も見えないし、人の悲しみも見えない。

世の中にどうして争いが起こるかといえば、見えないものばかりだから。

-佐治晴夫さんの言葉より引用

 

人間関係に悩んでいる時というのは、見えない部分での思念が物事を複雑化していることがよくあります。

本当は「ある」ものでも、姿形が見えないと「ない」ものとして認識してしまう。

もしくは、姿形がみえないからこそ「妄想」「想像」をして真実とかけ離れたものを勝手に受け止めてしまう。

疑心暗鬼とは、不安や恐怖、そして憎悪を増強させる恐ろしい力です。

霊界では、言葉を使った意思の疎通はありません。

心に思ったことが、一切の齟齬なく確実に伝わる場所です。

同じ魂の成熟度である存在しかいない階層で過ごすため、一方が低俗で邪な考えをした事に対して、もう一方が咎めるとか気分を害すると言うことは起きません。

しかし私たちはいま、とても弊害の多い地上という場所で、見えない存在・見えない思い・見えない光・見えない物質に囲まれて生きています。

そこを理解すると、人間関係なんて何もかもうまく行く事はまずないということも悟れるようになってきます。

会社での関係、家族との関係、友達との関係、夫婦関係…

全てが、うまく行くときはうまくいく。

ダメな時はダメなんです。

 

見た目の変化はわかります。

しかし、心の内側は今の私たちには絶対にわかりません。「察する」ことは出来たとしても、100パーセント理解ではないのです。

相手のことを見つめて、目が合えば自分が相手を見ていると同時に相手もこちらを見ていますね。

しかし心で相手を想うとか、祈りの力というのは自分がしているのはわかっても、相手がこちらを見ている、という物的な確証は持てない「見えない世界」です。

しかし、人との関係に悩んでいる時は見えない力を受け入れて心で相手に語りかけてみる。

そうすると、関係が解消しなかったとしてもあなたの心に、光のエネルギーがたくさん集まるようガイドの方が手を貸してくれるかもしれません。

そんな見えない力は、理由や根拠は物的に証明できなくても確実にあなたが楽になってゆけるはずです。

 

 

Related Entry

あなたには世界を動かす力も備わっている

NO IMAGE

人から信用される方法

NO IMAGE

人間関係を楽にする方法

NO IMAGE

子育て、恋愛、人間関係に悩むなら

仏の心で華麗にスルー力をつける

NO IMAGE

人間関係に困った時は