恋を引き寄せたい!

イメージングと引き寄せは似ているけれど少し違います。

引き寄せの法則を恋愛に当てはめて、理想的なパートナーを得ようとか好きな人と思いが通じ合える事を願う方も少なくないと思います。

恋愛というのはとても執着心を生みやすいものです。

特に、成就前の片想いや復縁を願う場合の気持ちは相手への執着やライバルへの嫉妬が強くなりがちになる、というのは経験で理解できる部分もあるのではないでしょうか。

引き寄せの法則では、叶った時の感情を味わいながらまるで実現したかのようにイメージをする、というのが鍵となっています。

そのやりかたで、好きな人と縁が結ばれ一緒にいるところをイメージすれば、恋の引き寄せが叶う。そう思われるのが一般的かと思います。

が、結論からいうと、そういうイメージをすればするほど、その願いは遠ざかる事になります。

「まるで恋が叶ったかのような気持ちを味わいながら、イメージングをする」

という行為そのものが、恋の相手を欲しようとしている『足りてない・満たされていない状態の自分』となるため、宇宙はその状態のあなたを引き寄せ続ける事になってしまうのです。

それでは、片想いの相手や復縁をしたい相手との関係をよくしていくためには、どうしたらよいのでしょうか。

それは、その人たちの事を考える時間を減らすことです。

  • 考えれば考えるほど、そばに相手がいない現実が浮き彫りになり
  • イメージすればするほど、居ない・足りていない・満たされていない状態が現実化されていく

からです。

相手へ執着なんて、してない!

そう思うかもしれません。

しかし、恋の上級者はいつも相手の事で頭がいっぱいという事は少ないはずです。

自分の時間を楽しみながら、確実に相手との距離を縮めていく事を得意としています。

なぜ距離が縮められるのかといえば、

・縮められる相手しか相手にしていない

・自分がいつも楽しく満たされている時間が多いから「こうなったらいいな」という未来を引き寄せやすい

のです。

もし今恋がうまくいかない、と思っている場合は、まずその恋を手放すくらいの勢いで相手のことを考えないこと。

何をしたら良いのか、こうなったら良いな、という想像やイメージングをやめることです。

自分の人生は自分しか行きぬくことはできず、自立していかねばなりません。

恋に夢中になると、どうしても寄りかかろうとしたり、相手に幸せにしてもらおうという気持ちが強くなりがちなので、そこを意識して恋に夢中にならないよう一歩引くと、必ず落ち着くべき所に落ち着くようになります。

相手を思う時は、2人仲睦まじく過ごす姿を想像するより、相手の方や相手の後ろの方に、

「恋する気持ちを味わわせてくれてありがとうございます」

「あなたが幸せだと自分はもっと幸せです」

と心の中で語りかけたほうが、応援も増えてきます。

縁がないほうが100倍良い場合もありますが、そういう場合も導かれて自然と距離がつくられるようになります。

Related Entry

NO IMAGE

恋愛は、特に「言葉」より「行動」をみなされ!

恋と結婚、どうにかしたいよね

NO IMAGE

傷付いてばかり・死ぬほど落ち込む恋愛から、良い恋愛状態を引き...

NO IMAGE

恋愛依存症