霊視鑑定と占いの使い分け

■血を吐く思いで、わらをも掴むような気持ちでご相談にいらっしゃる方に対して

『鑑定必要ないみたいです。
○○という本を読んでみてください。
今あなたに必要なことはその本を読むことだそうです。』

と一言で終わってしまう事があります(この場合は当然、鑑定料はいただきません)

相談する人は、とにかく救いが欲しくて、精神的には死ぬ寸前といっても過言ではない程、追い詰められているのに、一言で終わってしまうんです。

こういうケースの場合、

  1. 食い下がる
  2. 言われたとおり、その本を読む

という2パターンに別れます。

 

■たこやきちゃん個人からのアドバイスとしては、

「とにかく救いが欲しいです!なぜこうなってしまったのか、どうしたら抜け出せるのか…!」

と食い下がり、『指定の本を読みなさい』という霊界からの指令よりもその場の自分の感情を優先させたい場合は…

タロットカードとかオラクルカードとか星座とか手相とか
とりあえずその場でメッセージをくれる【占い】に行きましょう。

きっとそちらの方が、その時は救われます。

 

■霊界からのメッセージはとにかく抽象的だったり、短い上に当たり前の事だけだったりします。

メッセージを受け取る本人も、自分から受け取りに行く という姿勢がとっても大事なんです。

本を読めと言われて、素直に(といいつつ本当は渋々、何で鑑定してくれないんだよ!と怒りと悲しみが入り混じりながら)その本を読んでみて

『あ!!!』

となって、

苦しみから抜け出そうともがきながら、必死に同じ本を何度も読み直して、涙して、
そうしているうちに、自ずとその苦しみから抜け出す…

そうやって悩みを解消するほうが、鑑定を受けたその場だけではなく1ヶ月、3ヶ月、半年と経ってもぶれにくい強さを得られるものです。

 

■たいしたアドバイスをもらえなかったしても、それは今のその方にとってベストなメッセージということだったりするわけです。

もしもその場で、わかりやすく心が楽になるようなメッセージがもらえたとしても、それは根本的な問題解決にはなっていないのです。

そこまで落ち込んだり泣いたり辛くて苦しくて死んでしまいたくなるような状況にまで追い込まれた、自分の魂の未熟な部分を理解して反省して、人生をやり直すくらいの気持ちで次に進めれば、同じ失敗はほとんどしなくなります。

ですが、その場だけ取り繕うような形で終わらせてしまうと、その先の人生でまた同じような根本的な理由で似たような壁にぶち当たります。

※ちなみに
 ほとんどの人間の魂は、過去世からこのように同じことを繰り返しています。

 

■実はこのお話しは、昔々のたこやきちゃんのことです。

泣きながら相談したのに、「シルバーバーチ読みなさい」で終わっちゃったんですよね。具体的なアドバイスはゼロ。マジで一言。

(実際これ返された時は「このやろー!」とか思っちゃいましたよ笑)

なんですが…

シンプルな一言は究極の真理だったのです(当時の自分にとって)。

だから、たった一言でも、魂を突き動かすような力がありました。

そして本を読んだら、それまでに何度か読んだことがあるにも拘わらず、全く見たことのないような事がたくさん書かれていて、そしてそこに私が求める答えの更に斜め上を行くような答えが全部載っていました。

■最初は癒やされる感じもないし、苦しいままでしたが、繰り返すうちに心が安らいでいる感じがしました。

だんだん、本を読んでいる間は自分のことで悩んだり苦しんだりすることが減っていきました。

数ヶ月、半年、1年と経っていくうちに確実に強い心が創られ、そして今のたこやきちゃんとしての活動の礎にもなっていきました。

もしあの時、【占い】に行っていたとしたら、たこやきちゃんはいなかったのかもしれません。

 

■私は占いをするのであれば、ポジティブな事を占うことをおすすめします。

例えば

「いまお付き合いしている方と結婚したいのですが、どうですか?」とか

「引っ越したいんだけどいつ頃がいいかしら」とか。

どっぷり人生を預けすぎないほうが良い気はします。
あくまでも指針を決めるヒントにするくらいのつもりでね。

じゃないと依存してしまうから。

 

■守護霊様からのメッセージは、いろいろあります。

上述していますが、すごく具体的でわかりやすいものもあれば、とても抽象的で捉えるのが難しいものもあります。

伝える相手によってずいぶん変わるのです。

霊格が高くなるほど、どんどん抽象的でわかりにくくなります。

そこでちょっと頭に汗をかきながらメッセージの内容を落とし込んでいくと、日常で様々な気付きに遭遇するようになります。

へたに関連付けとか意味付けをしなくても、すっと心の扉が開いて光が差し込むような感じ。

時間をかけて魂のレベルが進化していけるのは、占いではなく守護霊様からのメッセージだと思っています。

うまく使い分けられるといいですよね。

 


それにしても、なんだか最近ワードプレスがいろいろ変わっていて扱いにくいです。

PCからだと、美しいアイキャッチ画像も表示されていないし…

今日は久々にパソコンを使って更新をしています。

 

今日から冬休みに入りましたが、今日から鑑定が始まります!
今回も、2019年前半開運メール鑑定にたくさんの方にお申し込みいただきました。本当にありがとうございます。

なぜありがとうございますなのかと言えば、それだけ私も学ばせていただけるからです。

あとは、怠けずに良い時間を過ごせそうなので、そのあたりもありがたい限りです。

 

それではまた。

鑑定のご依頼はvivalatakoyaki@gmail.comまでどうぞ〜




Related Entry

悩んだ時は◯するのが一番

ただ幸せになりたいだけ、の裏の顔

どうしようもなく落ち込んで苦しい時は、こうしてみよう。

山も谷も振り返ってみれば一筋の線

友達がいなくたって、寂しくない。

聖人君子にはなれない。目指すことはできる。